こだわりマルシェ

まだあ~るちばで注目してほしいイベントがあります。それは火曜マルシェ。

実際の農家さんが、まだあ~るちばの店頭で、自分たちが作った青果を持ってきてくれます。朝の10時~14時が野菜販売。夕方の16時から18時が果物販売の時間です。

なぜ火曜日にマルシェを始めたのかと、農家は火曜日や水曜日が一番時間をつけやすいから。農家の一週間は、農業を行いながら土日にイベントなどで出張販売をしたりするので、土日は忙しいのですが、火曜日、水曜日は、土日にイベントを行っても月曜日に整理することができるので、出店しやすいというメリットもあります。

 

そして、まだあ~るちばの定休日が水曜日なので、自然と火曜日にマルシェを開くことになりました。

 

火曜マルシェに農家さんが、たくさんの野菜を持ってくると、準備をしている時からお客様に声をかけられて、10時~11時の間はたくさんの人でにぎわいます。その後は少しゆっくりとした時間になり、お客さんも農家さんとの会話を楽しみながら野菜を買っていました。

人気の野菜は早い段階でなくなってしまうので、12時になるころには大根やトマトは売り切れている日もあります。

 

ゆっくりと野菜を見たい人は遅めの時間がおすすめですが、欲しい野菜がある人は早めの時間がおすすめです。

 

火曜マルシェで出店して頂いている農家さんは、毎週違いますが、今押したい農家さんは株式会社TKG 小川農園(千葉県山武市)さん。

小川農園さんはたくさんの種類の野菜を作っている農園です。イベントに来て、お客さんと話をしながら、こういう野菜もいいかもしれないと思うとそれを取り入れたり、一般的ではない品種の野菜の情報を手に入れると、それも取り入れたりしているため、珍しい野菜もたくさん扱っています。

 

小川農園さんの話を伺っていると、本当に農業が好きで色々なことを試したいという意欲のある方だと感じます。前向きに農業をしている人たちを応援したいというのも、まだあ~るちばのコンセプトの一つなので、小川農園さんはそういう意味でもピッタリの人です。

 

小川農園さんは、この日で三回目の出店でした。次は他の農園さんと一緒に、まだあ~るちばに出店すると言っていたので、今後もまだあ~るちばに来てくれるのではないかと思います。

 

ところで、千葉県では10年ぶりに新しい落花生の品種が認められたのをご存知でしょうか?

甘みが強く、香ばしい、そして後味はあっさりとしています。名前はピーナッツ(Pナッツ)を超える味ということで、愛称は「Qなっつ」です。今、着々とその名前を広げているところです。

千葉県産のQなっつは、煎って食べるタイプの「千葉半立」「ナカテユタカ」の二種類と、ゆでて食べるタイプの「郷の香(さとのか)」「おおまさり」の二種類があります。

 

そんなQなっつを、小川農園さんでも作っていますし、まだあ~るちばでも販売しています。

 

農家さんが直接販売をしている火曜マルシェは、まだまだできたばかりのイベントです。そして一度来てくれたお客様は、別の週に他のお客様も連れて来てくれたりします。そういう流れを見ていると、火曜マルシェを作ってよかったと本当に感じます。

 

ここで販売しているのは無農薬で身体にいいものばかり。そして農家さんが直接販売をしているので、無農薬野菜でも高くはありません。

 

ただ火曜マルシェには一つ問題があります。それは、毎週来てもらう農家さんのコーディネート。

 

通常業務をしている農家さんは、一週間の動きが固定されています。火曜マルシェの短い時間帯でも、農作物をある程度は用意しておかないといけませんし、普段農業をしている時間帯を販売時間にシフトしなければいけません。

 

八百屋やスーパーとは違い、作り手がそのまま販売するというのは、結構難しいことなのです。

 

そのため、まだあ~るちばでも、毎週、次の火曜マルシェはどこに声をかけようかと悩んでいます。火曜マルシェの認知度が上がってくると、お客さんの入りも多くなりますが、ここで直接販売したいという農家さん自らが志願してくるようになります。

今はその段階にまで来ていないため、こちらから声をかけているのが現状です。

 

ただ、一度火曜マルシェに出店した農家さんが、農家仲間に声をかけてくれることもあります。

 

出店している小川農園さんも、その一人です。

火曜マルシェを盛り上げたいと思ってくれている小川農園さんは、知り合いの農家さんに電話をかけて、実際に何人かまだあ~るちばに紹介してくださっています。

 

時には一人で出店し、時には知り合いの農家さんと一緒に出店し、美味しい野菜を作り続けていく。簡単にはできないことだと思います。

 

そんな小川農園さんなので、通りかかって立ち寄ってくれたお客さんとも、すぐに仲良くなり、笑い声の絶えないイベントとなっていました。

 

美味しい野菜や果物を食べたい方は、火曜マルシェを利用してみてはいかがでしょうか?

«