醤油

みなさんは千葉県が醤油の名産地だと知っていますか?

 

醤油と一言でいっても、味も色味も全く異なります。醤油の名産と言われる地域は、千葉県野田市、千葉県銚子市、兵庫県たつの市、香川県小豆島、石川県金沢市の5つです。出荷数で言うと千葉県が一番多く、次いで兵庫県で、この二県だけで全国の醤油の出荷数の半数を占めています。

 

誰でも知っているキッコーマン食品やヤマサ醤油も千葉県にあります。県内の人は知っていますが、他県の人は意外と知らないことです。

 

千葉は醤油の名産地ということもあり、まだあ~るちばにもたくさんの醤油が置かれています。

 

例えば天保五年(西暦1834年)に、上総国佐貫藩一万六千石の城下町に創業以来、昔ながらの天然醸造・無添加の醤油造りを続けている富津市の有限会社宮醤油店「タマサかずさむらさき」「タマサさしみしょうゆ」。温暖な気候と良質な水に恵まれ、人工的な温度管理をしない天然醸造方式の醤油を製造しています。年間製造石数二千石(1.8リットル瓶で20万本)という小規模の蔵ですが、全国醤油品評会では過去何度も上位に入賞している実力派です。

かずさむらさきは、創業当時のもろみ桶で醸造された醤油です。前年に仕込んだ醤油のもろみのなかから一番良くできたものを選び、そのもろみをしぼって作られた限定品。現在も、創業当時のもろみ桶で造られています。

 

次に、日本有数の醸造の町として名高い野田市の窪田味噌醤油株式会社「鰹だししょうゆ」「国産丸大豆生醤油」。創業90年以上になる味噌・醤油の老舗醸造所です。7,000坪の敷地を擁した本社工場が、水辺の自然を色濃く残す利根川と江戸川を結ぶ利根運河畔にあり、その良質な伏流水を商品に活かしています。

鰹だししょうゆは、本醸造・丸大豆特選醤油をベースに、かつお節、昆布、椎茸のだしを加えました。鰹の風味が決め手の本格派だし醤油です。もう一つの国産丸大豆生醤油は、選りすぐりの国産丸大豆と天日塩で造った搾り立ての生醤油。極上の味わいで、素材本来のおいしさをさらに引き立ているのが特徴です。

そして千葉県香取市にある、創業嘉永7年(1854年)、昭和39年に株式会社大村屋と株式会社飯田本店が合併し、ちば醤油となった老舗醤油会社の「下総醤油」。この醤油は、2007年、2010年と2回国際味覚審査機構(iTQi)にて2つ星を受賞しました。世界でも認められる、最高級品と言えます。また2015年には有名TV番組にも取り上げられ、在庫切れになってしまうほどでした。

原料の丸大豆、小麦、食塩のすべてを国産の厳選されたものだけを使用し、伝統ある木桶でゆっくりと熟成させた醤油です。

まだあ~るちばに置いている醤油の中では、比較的他のお店(高級店舗)でも買うことはできますが、認知度の高い醤油なので、まだあ~るちばに置いていると、お店に来た人たちの話題のネタになっています。

 

店内の棚に置かれている醤油の中で、色々な味を楽しめるしょうゆセットを販売しているのが、千葉県山武市の大高醤油。大髙醤油は創業文化元年(1804年)、千葉県成東(現山武市)の地でしょうゆ醸造、つゆ・たれ製造をしている会社です。

醤油の種類も豊富で、有機醤油「真醤」、伝承製法の「二段仕込み」、鰹だしの「かけつけ」、まろやかな「昆布」、そして「こいくち」のミニボトルセットが目を引きました。

 

この中でも注目したいのは、有機醤油「真醤」です。

日本農林規格の有機JAS認定を受けた工場で製造した有機醤油で、食塩は、天日乾燥塩を使用しています。口当たりのまろやかさが特徴です。

原材料は有機大豆(遺伝子組換えでない)、有機小麦、食塩で、すべて「有機」にこだわっています。

あとは「まろやか昆布しょうゆ」も単品で置かれています。本醸造こいくち醤油に、北海道産利尻昆布の上品な香りとおいしさを合わせたまろやかな味。

原材料はしょうゆ、果糖ぶどう糖液糖、昆布エキス、醸造酢、粉末昆布エキス、食塩、酒精、調味料(アミノ酸等)です。

 

最後は、宝醤油株式会社「生しょうゆ」。宝醤油株式会社の前身となる宝醤油工業株式会社は昭和16年に創業しました。現在の宝醤油株式会社は千葉県野田市にあるキッコーマンのグループ会社です。作り手による味のばらつきの対処やお客様のご希望の味の再現など、「味」へのこだわりをとことん突き詰める業務用調味料メーカーでもあります。

生しょうゆは、醤油の銘醸地銚子で醸造された天然醸造醤油で、この醤油は厳重な管理のもと、ゆっくり発酵熟成させた天然醸造諸味を搾り、そのまま壜詰にした生醤油です。澄んだ赤味の冴えた色、芳香は素材の風味を活かします。

原材料は脱脂加工大豆、小麦、食塩、大豆です。

 

まだあ~るちばには、この他にもまだまだ醤油を取り揃えています。普段見かけないような貴重な醤油もあるので、見ているだけでも楽しむことができますよ。

«
»